スマホMMORPG『黒い砂漠モバイル』を攻略するブログ

日本版と台湾版の『黒い砂漠モバイル』の情報をまとめています!

【黒い砂漠モバイル】ソーサレス効果!?アクティブユーザー数を調べてみた2【黒い砂漠MOBILE】

【スポンサーリンク】

リネージュMが2019/5/29、ラグナロクマスターズが2019/6/5にリリースとライバルMMORPGが立て続けに参入、負けじと黒い砂漠モバイルも新職業ソーサレスを2019/5/30に実装したこの2週間。引退ラッシュが加速したのか、それとも持ち直したのか!?

今回の記事では、前回の調査から2週間経った現在のアクティブユーザー数の推移をまとめました。

前回のアクティブユーザー数調査記事はこちら
【黒い砂漠モバイル】引退ラッシュ!?アクティブユーザー数を調べてみた

調査方法

前回の調査と同じく、全く育成していないキャラクター(戦闘力58)を準備し、毎日の個人戦闘力ランキングと家門戦闘力ランキングを記録。

少しでも進めているキャラクターは戦闘力58を簡単に超えますし、一定期間(1日?)ログインしていないキャラクターはランキングから除外されるので、アクティブユーザー数の指標になります。

複数アカウント使っているユーザーやBOT業者の存在を無視すれば、基本的にはアクティブユーザー数=家門戦闘力ランキングの順位と考えられます。

個人戦闘力ランキングは、サブキャラも含まれたランキングなので、サブキャラの育成にも力を入れているユーザー数の指標となります。

調査結果

青色が個人戦闘力ランキング、オレンジ色が家門戦闘ランキングの推移です。また、縦軸の数値は、左側が個人戦闘力ランキング、右側が家門戦闘力ランキングに対応しています。

f:id:simon-raichi:20190609143055p:plain

まとめ

上のグラフの要点をまとめると、以下のとおり。

  • 5月後半:個人戦闘力ランキングは1日10000位ずつ、家門戦闘力ランキングは1日5000位ずつ上昇(=アクティブユーザー数の減少)していた。
  • 5/29のリネージュMリリース直後:ランキング推移に大きな変化はなく、黒い砂漠モバイルからリネージュMに完全移籍したユーザーは少なかったと推測。
  • 5/30の新職業ソーサレス実装直後:ソーサレスを育成するユーザーが増えたため、個人戦闘力ランキングは5万近く変動。家門戦闘力ランキングも一瞬だけ持ち直した。
  • 6月前半:ソーサレス特需が落ち着いた後、またアクティブユーザー数の減少が始まった。ただし、5月後半に比べて、緩やかな減少(家門戦闘力ランキングは1日2000位ずつ変動)となった。
  • 6/5のラグナロクマスターズのリリース直後:ランキング推移に大きな変化はなく、黒い砂漠モバイルからラグナロクマスターズに完全移籍したユーザーは少なかったと推測。

リネージュMやラグナロクマスターズの影響をあまり受けていないのは、ちょっと予想外でした。黒い砂漠モバイルのグラフィックや操作性に慣れると、抵抗があったのかもしれませんね。

ソーサレス実装で個人戦闘力ランキングが5万変動ということは、5万人程度がちゃんとイベントをこなすレベルのアクティブユーザー、残りの17万人程度はライトユーザーといったところでしょうか。

 

以上、ソーサレス実装前後のアクティブユーザー数の調査結果まとめでした!