スマホMMORPG攻略ブログ

『黒い砂漠モバイル』や『リネージュ2M』の情報をまとめています!

【日本版】黒い砂漠モバイル 全職業の紹介・評価【黒い砂漠MOBILE】

【スポンサーリンク】

日本版の黒い砂漠モバイルの正式リリース時に使用可能な5職業を紹介します。今後新職業が追加されましたら、随時追記していきます。
なお、台湾版の各職業紹介については、以下の記事をご確認ください。
【台湾版】黒い砂漠モバイルの職業を紹介してみる

ウォーリアー

f:id:simon-raichi:20190131214911p:plain

【武器】
ソード/シールド

【公式サイト紹介文】
ウォーリアは剣とシールドを武器として使用し、攻撃と防御が適切にバランスをとる近接型キャラクターだ。片手剣を使用することで強力な攻撃を加え、優れた身体能力を発揮して敵に飛びついたり、掴んで投げる等の荒くて豪快な攻撃も駆使できる。また、シールドを利用することで効率的な防御姿勢を取り、戦闘をより有利に導く。

【ウォーリアーの評価】
スキルの多くが、相手を転倒させる状態異常や自身の被ダメを軽減する前方ガード、状態異常にかからないスーパーアーマーを備えています。また、スキルを使用せずとも、前方からの攻撃は盾で防いでくれるので、生存能力も高いです。

1対1 PvPでは、自身を守りつつ、状態異常持ちスキルによるコンボ攻撃で相手を削っていけるので、1対1 PvP適性が高い職業です。また、大規模PvPにおいては、前線で相手を状態異常にさせ、火力担当に殲滅してもらうといった役割も果たせます。

フィールド狩りについて、韓国版や台湾版は初期のアップデートで近接職のスキル上方修正が行われ、多少マシになっていますが、遠距離職に比べると狩り効率は低いです。ただ、生存能力が高いので、自動戦闘でも死ににくく、ポーションを節約しやすい点は評価できます。また、黒い砂漠モバイルはバッグの重量制限があるため、こまめにバッグ整理ができない人にとっては狩り効率はそこまで気にしなくても良いかもしれません。

ウォーリアーのスキル仕様まとめはこちらの記事をご確認ください
【日本版】黒い砂漠モバイル ウォーリアーのスキル仕様まとめ

レンジャー

f:id:simon-raichi:20190131214906p:plain

【武器】
ロングボウ/ダガー

【公式サイト紹介文】
レンジャーは敵と一定距離を確保して相手を攻撃しながらプレイできる遠距離型のキャラクターだ。弓と矢を利用した遠距離スキルを主に利用し、敵が近づいてきた時には強力な近接蹴りで危機を免れることができる。

【レンジャーの評価】

豊富な遠距離スキルにより、遠くから相手を一方的に攻撃できるのが特徴。ただし、見た目通り防御力は紙なので、なるべく相手からダメージを受けないように気を付ける必要があります。

1対1 PvPと大規模PvPどちらについても、基本的にはヒット&アウェイの戦い方が求められます。レンジャーは全職業共通で持っている回避アクション以外に、回避を行いながら攻撃するスキルもあるので、これらを上手く使いこなすことができれば、活躍できるでしょう!

フィールド狩りでは、格下のモンスターであれば近づかれる前に倒せますし、他のプレイヤーと狩場が被っても彼らがモンスターを殴る前に倒せるので、狩り効率は抜群に高いと言えます。また、自動戦闘中もモンスターが近づくと回避攻撃スキルを使用してくれるので、余程格上のモンスターでない限りは死ぬことはないと思います。

↓レンジャーのスキル仕様まとめはこちらの記事をご確認ください
【日本版】黒い砂漠モバイル レンジャーのスキル仕様まとめ

ウィッチ

f:id:simon-raichi:20190131214854p:plain

【武器】
スタッフ/ダガー

【公式サイト紹介文】
ウィッチは幼い時に魔法の才覚を見出された者のみが就く事が出来るクラスである。火、水等に代表される自然元素を武器に、敵を燃やし、凍らせ、打ち倒す。ウィッチの繰り出す巨大な魔力の前では、他のクラスは太刀打ちする事すら難しいだろう。

【ウィッチの評価】
レンジャー同様、遠距離スキルが豊富で、かつ攻撃範囲の広いスキルも多いので、密集した相手を殲滅するタイプの職業です。特に全職業の中で最大のスキルダメージを持つ、メテオストライクの威力は圧巻です。一方で、レンジャー同様に防御力が紙なことに加え、スキルモーションが長めに設定されていることが難点です。

1対1 PvPでは、スキルモーションの長さから相手に攻撃を当てにくく、隙を突かれて返り討ちに合う可能性が高いため、適性は正直低いです。しかし、大規模PvPでは、殲滅役として活躍できる職業です(格上の相手にはダメージが通りにくいので、戦闘力が高いことが前提)。

フィールド狩りでは、遠距離攻撃&攻撃範囲が広いことから、密集地帯ではレンジャー以上の狩り効率が期待できます。ただし、メテオストライクのようなCT重めのスキルばかりセットするとスキルが打てずに杖で殴るだけになるので注意が必要です。

↓ウィッチのスキル仕様まとめはこちらの記事をご確認ください
【日本版】黒い砂漠モバイル ウィッチのスキル仕様まとめ

ジャイアント

f:id:simon-raichi:20190131214859p:plain

【武器】
アックス/組み糸飾り

【公式サイト紹介文】
ジャイアントは巨大なアックスを両手に持ち、敵を無差別に攻撃するモンスターのようなキャラクターだ。1対1の戦いよりは多数との戦いに有利な範囲型近距離スキルを使用し、斧で振り下ろし、叩き, 地を壊す等 様々な打撃型で敵を倒す。

【ジャイアントの評価】
ほとんどのスキルに相手を転倒させる状態異常効果が備わっており、また自身が状態異常にならないスーパーアーマー効果が備わったスキルも多い職業です。外見通り、スキルモーションも豪快な動きをするのが印象的です。

PvPでは状態異常効果とスーパーアーマー効果のスキルを上手く使いこなすことで、相手に攻撃をさせる隙を与えず、自身は状態異常にならずに効率的にダメージを与えることが期待できます。ただし、ウォーリアーやヴァルキリーと違って盾を装備していないことから、油断をしていると返り討ちにあうので注意してください。

フィールド狩りでは、やはり近接職ということで遠距離職に比べて狩り効率は低いながらも、身体を旋回させて移動攻撃するスキルが秀逸ですので、必ずセットするようにしましょう。

↓ジャイアントのスキル仕様まとめはこちらの記事をご確認ください
【日本版】黒い砂漠モバイル ジャイアントのスキル仕様まとめ

ヴァルキリー

f:id:simon-raichi:20190131214848p:plain

【武器】
ソード/シールド

【公式サイト紹介文】
ヴァルキリーは主神エリアンの加護により、その神聖な力を振るい戦う戦士である。片手剣とシールドにより、先陣を切って戦う事を得意とする。味方には回復やバフなど補助的な支援を行い、敵には神聖スキルで強力な攻撃を繰り出す事が出来る。

【ヴァルキリーの評価】

武器が同じウォーリアーと比較的特徴が似ており、相手への状態異常効果スキルと自身の状態異常を防ぐスーパーアーマーや被ダメージを低減する前方ガードがバランスよく揃っています。

PvPの立ち回りもウォーリアーと同様ですが、状態異常のコンボが比較的容易に行えるので、操作が苦手な方でも扱いやすいと思います。また、早い段階で対象スキルを取得できるので、序盤からPvPで勝ち続けたい人にも良いかもしれません。

フィールド狩りでは、近接職なので狩り効率は低めですが、盾により生存能力は高いです。ちなみに、盾投げスキルは地味に便利です。

 ↓ヴァルキリーのスキル仕様まとめはこちらの記事をご確認ください
【日本版】黒い砂漠モバイル ヴァルキリーのスキル仕様まとめ

 

以上、日本版の黒い砂漠モバイルで実装される職業の仕様まとめでした!