スマホMMORPG攻略ブログ

『黒い砂漠モバイル』や『リネージュ2M』の情報をまとめています!

【黒い砂漠モバイル】iOS対応ゲームコントローラー(ゲームパッド)で操作性が劇的に改善!【黒い砂漠MOBILE】

【スポンサーリンク】

黒い砂漠モバイルはプレイ時間の大部分をオート操作でカバーできますが、PvPコンテンツでは手動操作が必須です。特に、PvPガチギルドに所属される方は、戦闘力のみならずプレイヤースキルも求められる可能性は高いです。
しかしながら、PvPでの手動操作は、キャラの移動、視点操作、通常攻撃、回避、スキルを使用するため、使いこなせるようになるにはそれなりに大変だと思われます。それを踏まえてか、黒い砂漠モバイルはゲームコントローラー(ゲームパッド)と連携できるようになっているので、PvPを本格的にやりたい人は使用を検討してみましょう。今回の記事では、ゲームコントローラーを使用した時のゲーム動作とiOS対応製品を紹介します。

注意!台湾版の黒い砂漠モバイルや日本版のクローズドβテストでは、ゲームコントローラーと連携できることを確認済みですが、日本版正式リリース後も連携可能な保証はありません。事前購入される方はご注意ください。

ゲームコントローラー連携方法

  1. iOS対応のゲームコントローラーの電源をONにします。
  2. 黒い砂漠モバイルを起動する端末のBluetoothをONにします。
    f:id:simon-raichi:20190211161252j:image
  3. ペアリング可能な機器として、ゲームコントローラーが表示されるのでタップします。
    f:id:simon-raichi:20190211161302j:image
  4. 無事ペアリングが完了すると、接続済みと表示されます。
    f:id:simon-raichi:20190211161348j:image

ゲームコントローラーでの操作方法

ゲームコントローラーと連携すると、ゲーム画面上の各アイコンに対応するボタンが表示されます。

f:id:simon-raichi:20190211161505p:image

L2以外のボタン・スティックは全て割り当てられています!
各ボタンの割り当ては以下のとおり。

  • 左スティック:キャラクターの移動
  • 右スティック:視点の操作
  • 十字キーの←↑→:闇の精霊スキルの使用
  • 十字キーの↓:HPポーションの使用
  • ABXYボタン:スキルの使用
  • L1ボタン:通常攻撃の使用
  • R1ボタン:スキルパレットの切り替え
  • R2ボタン:回避の使用

PvPで使用する全ての操作がゲームコントローラーだけでできそうです!ただし、画面のズームイン・ズームアウトやターゲットロックには対応していないので、画面タッチで操作が必要となります。

ちなみに、ボタン表示のON/OFFの切り替えは設定で行えます。

f:id:simon-raichi:20190211161610j:image

おすすめゲームコントローラー

Amazonで調べてみても、iOS対応のゲームコントローラーは非常に多くあります。その中でも、レビュー数が多く、よく見かけるゲームコントローラーを挙げてみましたので、ご購入を検討されている方は参考にしてみてください。

SteelSeries Nimbus

Apple公認のゲームコントローラーで、Apple Storeからも購入できます(現在日本のApple Storeからは消えていますが、アメリカのApple Storeには残っています)。
SteelSeries Nimbus最大の特徴は、iOSのアップデートに対応していること。iOSのアップデートによって、連携できなくなる心配がないところでしょう。
価格は高めですが、初めての購入で変な冒険をしたくない人はApple公認の安心を買う意味で、こちらを購入してみるのはどうでしょうか。

SteelSeries Stratus

上述のSteelSeries Nimbus同様、Apple公認のゲームコントローラー。機能面はNimbusと変わらず、コンパクトな形状で持ち運びやすいところが特徴です。また、Nimbusに比べて価格も抑えられている分、購入しやすいです。
ゲームコントローラーを持ち運ぶ機会が多かったり、手の小さな女性の方にオススメです。

PXN-6603

Apple公認ではないですが、twitterでもよく見かけるゲームコントローラー。私もリネレボ初期にこちらを購入しており、台湾版 黒い砂漠モバイルでの連携も確認済みです。
PXN-6603の最大の特徴は、ゲームコントローラー上部にiPhoneを取り付け可能なこと。コントローラーとiPhoneを一体にしていると、画面タッチでコントローラーとiPhoneを持ち変える必要もないので、地味に使い勝手が良いです。なお、iPadは取り付けられないので、iPadメインでゲームされる場合は特段の強みはありません笑

Gamevice Controller

いつのまにかSteelSeriesが日本のApple Storeから消えており、新たにApple Storeに登場したのがGamevice Controller。PXN-6603同様、画面一体型にできるコントローラーです。ちなみにiPad対応のサイズ展開もされています(iPadに取り付けて長時間のゲームは腕が疲れそうですが笑)。
上述の3つのコントローラーがBluetoothによる接続だったのに対し、Gamevice ControllerはLightning端子で直接iPhone/iPadに接続できることです。無線接続の場合、遅延(操作をして実際にそれが反映されるまでの時間)が懸念されるのですが、直接iPhoneに接続されるのでそういった心配はないかと思います。
ただし、取り付けるにはiPhone/iPadのケースを外さないといけなかったり、今後新しいiPhone/iPadを購入したときにサイズが合わない可能性もあるので、その点を踏まえて購入を検討する必要があります。

 

以上、黒い砂漠モバイルにおけるゲームコントローラーの紹介でした!