スマホMMORPG『黒い砂漠モバイル』を攻略するブログ

日本版と台湾版の『黒い砂漠モバイル』の情報をまとめています!

黒い砂漠モバイル モンスターとのレベル差によるアイテムドロップ率補正

【スポンサーリンク】

黒い砂漠モバイルをやり込む上で欠かせない、フィールドの放置狩り。海外版の黒い砂漠モバイルでは、キャラレベルとモンスターのレベル差に応じて、アイテムドロップ率が変わります。日本版も同様の仕様となる可能性は高いので、把握しておきましょう。

レベル差によるアイテムドロップ率補正

海外版の黒い砂漠モバイルでは、キャラクターのレベルと比較して7レベル以上低いモンスターからはアイテムがドロップしない仕様となっています。逆に、キャラクターのレベルと比較して4レベル以上高いモンスターからはアイテムドロップ率が2倍になるみたいです。例えば、キャラレベルが50の場合、レベル43以下のモンスターからはアイテムドロップしない、レベル44〜53のモンスターは通常のアイテムドロップ率、レベル54以上のモンスターのアイテムドロップ率は2倍となります。アイテムドロップ率が2倍になるかの検証を実際にやった訳ではないので、日本版がリリースされたら確認してみようと思います。

序盤の育成方針:レベル上げを抑制すべきか

まず、アイテムドロップ率補正のあるリネレボの育成方針について触れます。リネレボはリリース当初、無課金・微課金ユーザーはレベル上げを抑制すべき!という声がほとんどでした。その理由として、戦闘力が低い状態でレベルだけ上げると、戦闘力的に適正な狩場ではアイテムがドロップせず、レベル的に適正な狩場ではモンスターを倒すのに時間がかかりアイテムドロップ効率が悪くて育成効率が良くないからでした。なので、課金で戦闘力を上げられないユーザーは、レベル上げを抑制しつつ、弱いモンスターを乱獲→装備強化アイテムをたくさん入手→装備強化→戦闘力上昇が王道の育成方法でした。

では、黒い砂漠モバイルでは同様にレベル上げを抑制すべきでしょうか?個人的な見解はNOだと考えます。理由は以下のとおり。

  • メインキャラの狩り場がキツい場合、サブキャラに切り替えて育成できる点
    以前紹介したように、黒い砂漠モバイルはほとんどのコンテンツをキャラクター間で共有できます。メインキャラで行き詰まった場合は、倉庫を経由して装備品等をサブキャラに渡して、サブキャラを育成できます。育てた装備品を渡せる、いわゆる強くてニューゲーム状態なので、メインキャラと比べて育成が段違いにしやすいです。サブキャラ育成中に入手できる強化素材で装備品や闇の精霊を強化することで、メインキャラの戦闘力も底上げされ、サブキャラ育成前まではキツかった狩り場でもサクサク狩れるようになります。
  • 高レベルの狩り場だと、ドロップするアイテムのランクが高くなる点
    リネレボは、高レベルの狩り場でもドロップするアイテムに大きな変化はなかったので、高レベルの狩り場に旨味はありませんでした。一方の黒い砂漠モバイルは、高レベルのエリアになるほど、高ランクのアイテムがドロップするようになります。狩り速度が落ちても高ランクのアイテムドロップを狙うか、狩り速度を上げて沢山の低ランクのアイテムドロップを狙うか、質と量どちらが良いかは一概には言えないです。

リネレボ経験者には気になる部分だったかと思いますが、リネレボ程レベル補正を気にする必要はないように思います。とは言え、戦闘力を上げずにレベル上げを先行しすぎると、モンスターがほとんど狩れずに詰んでしまいます。行き詰まったなと思ったら、一度レベル上げはやめて戦闘力を上げるように頑張りましょう!