スマホMMORPG『黒い砂漠モバイル』を攻略するブログ

日本版と台湾版の『黒い砂漠モバイル』の情報をまとめています!

【黒い砂漠モバイル】今後のアップデートに備えてやっておくべきこと【黒い砂漠MOBILE】

【スポンサーリンク】

正式リリースより2週間が経過し、メインキャラのレベルカンスト、知識や図鑑のコンプリート、領地完成しているプレイヤーも徐々に増えてきている状況かと思います。

今回は、台湾版のコンテンツと比較して、今後のアップデートに備えてやっておくべきことをまとめてみました。

注意: 台湾版と同じ仕様で実装されない可能性もあるので、参考程度にご確認ください。

魔力刻印

魔力刻印は、水晶と同様装備品を介してキャラを強くするコンテンツのひとつです。台湾版では2回目のアップデートで追加されたので、日本版でも早い段階での実装が予想されます!

f:id:simon-raichi:20190312204638p:image

魔力刻印には素材としてエッセンスが必要なのですが、イベント報酬や課金以外でのエッセンスの主な入手方法は唯一級(紫)以上の装備品を闇の精霊の餌にすることです。現状だと、伝説級以上を餌にするのは非常にもったいないですし、不要な唯一級装備は一旦倉庫に保管しておいても良いかと思います。

魔力刻印が実装されると、取引所のインフレが加速しそうですね…

新しい図鑑

台湾版では、2回目と4回目のアップデートで立て続けに新しい図鑑が追加されました。日本版と台湾版で図鑑登録に必要なアイテムは仕様が異なるので参考になりませんが、貿易商人用アイテムのうち、領地で製作できないものは無闇に納品せず、一定数保管しておくことをオススメします。

新職業追加

既に運営が予告しているとおり4月に新職業が追加されます!韓国版や台湾版に習うなら、ブレードマスターの追加が濃厚かと。

f:id:simon-raichi:20190123231540p:image

新職業を最速で強くしたい場合は、スキル教本箱を開けずに保管しておきましょう!スキルレベル上げが楽になります。また、新職業の武器目当てで古代金貨を貯めておくのも手かと思います!シャカトゥの確率のまずさは身をもって経験済みだと思いますので、期待しすぎは禁物です笑

ちなみに、台湾版では新職業追加に合わせて新サーバーも追加されています。サーバー変更を考えている方は、再出発の良い機会ですし、序盤の効率的なゲーム進行をシミュレーションしておくのも良いでしょう!

GvGコンテンツ

ギルドバトル(GvG)の拠点戦は、リリース前の座談会にて3月に実装予告がされています。GvGに勝つために、キャラを育成したり、PSを磨いたり、強いプレイヤーをスカウトしたり、強いギルドに移籍したりと色々やるべきことはありますが、拠点戦はギルドレベル3以上でギルド資金による入札で勝てないと参加できません。なので、参加を考えている血盟は、ここは忘れないようにご注意を!!

指揮所レベル6

指揮所レベル6が解放された時に必要な資源を集めておきましょう!台湾版の必要資源はこんな感じです。

f:id:simon-raichi:20190312204659p:image

そこまで膨大な量ではありませんが、指揮所レベルを上げることで、各建物も増築できるようになるので、木材系は大量に貯めておきましょう。

ちなみに、台湾版は正式リリースから1.5ヶ月で解放されていますが日本版はどうなるでしょうか!?

修練の塔

修練の塔は、サブキャラを派遣して、大量の経験値とアイテムを獲得するコンテンツです。台湾版ではリリースから2ヶ月後の実装でした。

派遣可能キャラはレベル45以上である必要があるので、メインキャラの育成がひと段落したらサブキャラの育成も少しずつ進めておくと良いでしょう。

 

以上、今後のアップデートに備えてやっておくべきことのまとめでした!